コレクション展
佐賀・日本画の眺望
―池田幸太郎・野口謙次郎・立石春美―
佐賀県立美術館
池田幸太郎《三宅坂付近》1930(昭和5)年、館蔵

 今回の佐賀県立美術館のコレクション展では、佐賀に生まれ、近~現代に活躍をした三人の日本画家を紹介します。佐賀県は岡田三郎助をはじめとした洋画家たちの名がよく知られていますが、日本画においてもすぐれて個性的な画家が誕生しています。

 池田幸太郎(1895~1976)は岡田三郎助が主宰する本郷洋画研究所で人体デッサンを学び、後に抒情的な東京風景を描き帝展に出品、高く評価されました。野口謙次郎(1898~1947)は塩田町出身で東京美術学校に学び、風景画を得意としました。昭和9年の帝展で特選を受けた実力派です。立石春美(1908~1994)は美人画の大家・伊東深水に師事し、日本の正統的な美人画の流れを汲んだ「最後の美人画家」と称されます。その清楚で美しい画風は、現在も高い人気を誇っています。

 美術館所蔵のコレクションから、代表作、名品を展示します。久しぶりの日本画の特集です。どうぞじっくり御鑑賞ください。

参加アーティスト
池田幸太郎・野口謙次郎・立石春美
開催情報
日程
時間
9:30~18:00
備考
休館日:毎週月曜日
※5月4日(月曜日・祝日)~6日(水曜日・祝日)は開館、5月7日(木曜日)は休館
会場
佐賀県立美術館 

 840-0041 佐賀県佐賀市城内1-15-23

料金
無料
主催
佐賀県立博物館・美術館
Webサイト
https://saga-museum.jp/museum/
お問い合わせ
佐賀県立博物館・美術館(0952-24-3947)
 情報訂正のご連絡