sound tectonics installation #5 / Licaxxx新作サウンドインスタレーション 理性と情動 ʼ22 YCAM編
開催中 あと129日で終了
会場となる中庭 撮影:勝村祐紀 写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]

中庭に響くサウンドインスタレーション
DJを中心に幅広く活躍するLicaxxxによる新作が登場!

山口情報芸術センター[YCAM]では、館内の中庭でサウンドインスタレーション作品を展示する展覧会シリーズ「sound tectonics installation(サウンド・ テクトニクス・インスタレーション)」の第5弾として、DJ/ ビートメイカーのLicaxxx(リカックス)の新作「理性と情動 ʼ22 YCAM編」を発表します。 Licaxxxは、DJとビートメーカーを軸に、近年は商業空間や広告への楽曲提供や、インスタレーション作品の制作など、幅広く活躍しています。
今回発表する作品は、トラックメイカーのDan Kubo、電子音楽家のKazuki Muraokaをコラボレーターに迎えた新作のサウンドインスタレーションです。
音楽も含めた芸術表現全般における鑑賞行為そのものを批評的に捉えることをテーマにしており、本作の作品鑑賞にまつわるさまざまな環境の情報 ̶天候や気温、鑑賞者の人数など ̶をもとに、 リアルタイムに楽曲を生成していきます。
会場となる中庭は、ホワイエに面し、ガラスの吹き抜けが心地よい佇まいが特徴の空間です。
足下のサウンドシステムからわき出してくるような聴覚体験を活用した新たな聴取体験をぜひお楽しみください。

参加アーティスト
Licaxxx
アーティスト/DJ
東京を拠点に活動するDJ、ビートメイカー、編集者、ラジオパーソナリティ。2010年にDJをスタート。マシーンテクノ・ハウスを基調にしながら、ユースカルチャーの影響を感じさせるテンションを操り、大胆にフロアをまとめ上げる。

2016年にBoiler Room Tokyoに出演した際の動画は50万回以上再生されており、Fuji Rockなど多数の日本国内の大型音楽フェスや、CIRCOLOCO@DC10 などヨーロッパを代表するクラブイベントに出演。日本国内ではPeggy Gou、Randomer、Mall Grab、DJ HAUS、Anthony Naples、Max Greaf、Lapaluxらの来日をサポートし、共演している。さらに、NTS RadioやRince Franceなどのローカルなラジオにミックスを提供するなど幅広い活動を行っている。

さらにジャイルス・ピーターソンにインスパイアされたビデオストリームラジオ「Tokyo Community Radio」の主宰。若い才能に焦点を当て、日本のローカルDJのレギュラー放送に加え、東京を訪れた世界中のローカルDJとの交流の場を目指している。

また、アンビエントを基本としたファッションショーの音楽などを多数制作しており、近年ではChika Kisadaのミラノコレクションに使用されている。

http://licaxxx.asobisystem.com/ 
開催情報
日程
時間
10:00~20:00
料金
無料
主催
山口情報芸術センター[YCAM]
Webサイト
https://www.ycam.jp/events/2022/sound-tectonics-installation-5/
お問い合わせ
山口情報芸術センター[YCAM]
083-901-2222
 情報訂正のご連絡