木彫アートを自分の手でつくる 「オレクトロニカアートセンター 路上活動実験室」

2019年11月、佐賀県有田町の旧しらかわ保育園を舞台に、大分県在住の美術ユニット・オレクトロニカ (加藤亮[1984-]+児玉順平[1984-])が4日間限定のアートに触れる学校「路上活動実験室」をテーマに展示していま […]

続きを読む…

 


糸が導く生命の旅 「塩田千春展:魂がふるえる」(上)

  • report
  • アバター
  • BY  秋山沙也子

    佐賀県立美術館学芸員。この道まだ3年目、佐賀に暮らして5年目。

「塩田千春展:魂がふるえる」――それはまさにひとつの物語であり、ひとつの長い旅のような展覧会であった。 日本生まれ、ドイツ・ベルリン在住の現代美術家、塩田千春(1972~)。空間いっぱいに糸を編むようなインスタレーション […]

続きを読む…


オレクトロニカと有田で学ぶ 「オレクトロニカアートセンター 路上活動実験室」準備編

  • report
  • アバター
  • BY  大元茜

    感受性を磨きたい 感性の深層に迫りたい アートで豊かな日常を

佐賀県有田町の旧しらかわ保育園。2016年に休園となりましたが、この11月、4日間限定で“アートの学校”が開かれます。その名も「オレクトロニカアートセンター 路上活動実験室」。 大分県竹田市を拠点に活動している美術ユニッ […]

続きを読む…

 


同じ時代に生きているからこそ見れたもの 「塩田千春展:魂がふるえる」森美術館

2019年9月の中旬に、佐賀大学芸術地域デザイン学部のカリキュラムの一つである「国内外研修」で東京に5日間行ってきました。研修中にたくさんの美術館や博物館に行きましたが、その中でも一番印象に残った「塩田千春展」についてレ […]

続きを読む…