家具職人の手技が生みだすルネサンス絵画と不思議空間 まるたつアート

近所に謎のビルがある。 3階建てで劇場のような外観。3階の窓に石膏の胸像が並び、いたるところに浮世絵、ポスター、絵画が飾られている。好奇心に駆られて入り口に近づくと、「デジタルアート」「ダヴィンチ」「スフマート研究所」の […]

続きを読む…

 


職業:造形作家 どんな生活をしているか知りたくて、話を聴きに行ってみた

「職業は?」と尋ねて、「造形作家です」と返されたら、たいていの人は驚くだろう。そして相手に興味を持つだろう。なにを作ってるの? どうしてその道を選んだの? どこで作品を売ってるの? という具合に。あるイベントで造形作家の […]

続きを読む…


高校生たちの表現が訴えかけていること 「2019さが総文」美術・工芸展

  • report
  • アバター
  • BY  秋山沙也子

    佐賀県立美術館学芸員。この道まだ3年目、佐賀に暮らして5年目。

2019年7月27日(土)から31日(水)まで、佐賀県で第43回全国高等学校総合文化祭(愛称「2019さが総文」)が開催され、私の勤める佐賀県立博物館・美術館は、美術・工芸部門の会場となった。今回は、その様子をお知らせし […]

続きを読む…


私のシアターシエマ・デビュー ドキュメンタリー映画『主戦場』

  • report
  • アバター
  • BY  前田彩花

    お絵かきと本が大好き。本屋とシエマに永住したい。

「佐賀にいるのに、シアターシエマに行ったことがないんですか?」 佐賀市の街なかにひっそりと存在する映画館、シアターシエマ。佐賀に住みはじめて早2年、その存在は耳にしていたが、私には映画を見る習慣が全くなかったため、これま […]

続きを読む…


月夜に映える 若かりし版画家たちが刻んだ「生」 「藤森静雄と『月映』の作家」福岡市美術館

  • report
  • アバター
  • BY  大元茜

    感受性を磨きたい 感性の深層に迫りたい アートで豊かな日常を

伝えたいことがあるとき、何を使ってどのように表現しますか? 現代では、SNSやウェブサイトを通して、誰かと交流したり、思いを共有したり、誰でも気軽に扱えるコミュニケーションツールが普及しています。このような手段のない10 […]

続きを読む…


会場を出てからも楽しめる! 「ラファエル前派の軌跡」久留米市美術館

先日、雨が降る昼下がりに久留米市美術館で開催されている「ラファエル前派の軌跡」に行ってきました。 ラファエル前派とは、19世紀中頃、ヴィクトリア朝のイギリスで活躍した美術家・批評家からなるグループです。イギリスの美術批評 […]

続きを読む…