ムーミンコミックス展
あと8日で開催
福岡県立美術館
©Moomin Characters
トーベ・ヤンソン「まいごの火星人」スケッチ(1957年)©Moomin CharactersTM

ムーミン童話の原作者トーベ・ヤンソン(1914-2001)による漫画・ムーミンコミックスは、イギリスの「イブニング・ニューズ」紙で1954年より20余年に亘り連載されました。主に、トーベが絵と台詞、弟のラルス(1926-2000)がネタ探しと英訳を担当し、1960年からはラルス一人で漫画を制作。コミックスの連載はムーミンの人気を決定的にしました。
本展はコミックスにスポットを当て、キャラクター設定やスケッチ、原画など日本初公開となる280余点を通じて、楽しくも奥深いムーミンたちの豊かな世界の魅力を伝えます。

トーベ・ヤンソン(1914-2001)

フィンランドのヘルシンキに生まれ、15歳から芸術家としてのキャリアをスタート。絵画家、風刺画家、短編作家としても活躍します。1945年から25年間に亘って書きつづけた「ムーミン」の小説シリーズは世界各国で多くの読者に親しまれています。1954年、コミックスの連載を始めると20か国以上で翻訳・出版され、ムーミンの人気を決定的なものにしました。

ラルス・ヤンソン(1926-2000)

トーベの末弟。15歳のときに冒険小説『トルトゥーガの冒険』でデビュー。ムーミンコミックスの連載が始まると、トーべとともにマンガの制作や英訳に関わり、1960年から1975年は一人で連載を続けました。また、TVアニメ「楽しいムーミン一家」では、企画から制作にいたるまで、トーベとともに監修者として関わりました。

開催情報
日程
時間
10時~18時(入場は17時30分まで)
備考
休館日:月曜
会場
福岡県立美術館 

 810-0001 福岡県福岡市中央区天神5−2−1

料金
一般:1,500円(1,300円)  高大生:1,100円(900円)  小中生:600円(400円)
※価格はすべて税込
※小学生未満は、観覧無料(但し、保護者同伴)
※(  )は前売料金
※満65歳以上(シルバー手帳等の年齢を証明できるものを提示)は一般の前売料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者1名、特定疾患医療受給者証・特定医療費(指定難病)受給者証の交付を受けている方は無料
主催
福岡県立美術館、西日本新聞社、RKB毎日放送、東映
Webサイト
https://fukuoka-kenbi.jp/exhibition/2021/0323_12916/
お問い合わせ
福岡県立美術館
電話: 092-715-3551
 情報訂正のご連絡