ウィリアム・モリス 英国風景とともにめぐるデザインの軌跡


日程
会場
宮崎県立美術館

19世紀イギリスにおいて、思想家・デザイナー・詩人などとして様々な分野で活躍したウィリアム・モリス(1834~1896)は「モダンデザインの父」とも称され、彼のデザインや思想は今なお世界中で息づいています。

産業革命以降、質よりも量を重視した大量生産品が溢れるなか、モリスは壁紙や家具などの室内装飾のデザインを手がけ、自ら手間と時間をかけて制作し、数々の優れた製品を生み出していきます。自然素材の美しさを愛し、職人の労働と手仕事から生まれる美を尊重するモリスの態度は、生活の中に美を見出す新しいデザイン運動「アーツ・アンド・クラフツ運動」に影響を与えました。

本展では、モリスや同時代の作家によるテキスタイル・壁紙・家具など100点余りを展示し、モリスの理想とした美に迫ります。さらに、モリスのデザインの源流ともいえる英国の風景や住まいを写真家・織作峰子の撮影による写真や映像によって紹介し、芸術と生活の融合を目指したモリスの生涯とデザインの軌跡を巡ります。

ウィリアム・モリス《いちご泥棒》1883年 Photo ©Brain Trust Inc.

 

関連イベント

◇ 写真家・織作峰子によるギャラリートーク ※申込不要・要観覧券
内 容:イギリスの風景やモリスの生活した住まいの写真などを、現地でのエピソードを交えながら紹介します。
日 時:8月3日(土)14:00~15:00
会 場:2階 企画展示室

織作峰子 写真「赤煉瓦の館」撮影地:レッド・ハウス
Photo ©Mineko Orisaku ©Brain Trust Inc.
Thanks to the National Trust Red House, Bexley, London

 

◇ 当館学芸員によるギャラリートーク ※申込不要・要観覧券
日 時:8月17日(土)・31日(土) いずれも14:00~15:00
場 所:2階 企画展示室


◇ オリジナルブックカバーを作ろう! 
※申込不要・参加無料
内 容:モリスがデザインしたフォントや動植物のモチーフを使って、ブックカバーを作ります。
日 時:会期中随時開催
場 所:2階 アートフォーラム

   

Information
日程
時間
午前10時~午後6時(展示室への入室は午後5時30分まで)
備考
休館日:毎週月曜日(8月12日を除く)、及び8月13日(火)
会場
宮崎県立美術館

 880-0031 宮崎県宮崎市船塚3-210

料金
当日:800円(一般)、700円(大学生)、400円(小・中・高生)
割引:700円(一般)、600円(大学生)、300円(小・中・高生)
団体:600円(一般)、500円(大学生)、200円(小・中・高生)
※ 団体は20名以上
※ 割引はちらし、ホームページ等のクーポン使用の場合
※ 全教互会員カード、JAF会員カード、SD(セーフドライバー)カードご提示の方(提示者を含め5名まで)は団体料金
※ 身体障害者手帳、療育手帳、障害者手帳をご提示の方、本人とその介護同伴者1名は無料
主催
宮崎県立美術館、宮崎日日新聞社、MRT宮崎放送
URL
http://www.miyazaki-archive.jp/bijutsu/index.html
お問い合わせ
〒880-0031 宮崎市船塚3丁目210番地
宮崎県立美術館 学芸課
TEL 0985-20-3792

Editor / 吉村美歩