その「生命」は蘇るのか
マンモス展 その「生命」は蘇るのか
開催中 あと34日で終了
福岡市科学館
ユカギルマンモス(頭部冷凍標本) 年代:17,800年前/発掘:2002年/発掘場所:サハ共和国 ウスチ・ヤンスク地区  イリン・ヴィラフチャアンニア川下流地域 特別重要文化財(ロシア連邦)

「ユカギルマンモス」(頭部冷凍標本)
年代:17,800年前/発掘:2002年/発掘場所:サハ共和国 ウスチ・ヤンスク地区
イリン・ヴィラフチャアンニア川下流地域
特別重要文化財(ロシア連邦)

 

世界初公開、続々!
2019年東京・日本科学未来館で開催され、27万人を動員した「マンモス展」がいよいよ福岡に上陸!「愛・地球博」で700万人が熱狂した「ユカギルマンモス」を九州初公開するのをはじめ、近年ロシアの永久凍土から発掘された世界初公開を含む貴重な冷凍標本を展示。また、「マンモス復活プロジェクト」を通じて生命科学の未来を紡ぐ、マンモスの物語をご覧いただきます。

開催情報
日程
時間
9:30~18:00(入場は閉場の30分前まで)
備考
開催場所:3階企画展示室
休館日:毎週火曜日および年末年始(12月28日〜1月1日)、ただし12月24日と2月11日は開館、2月12日は閉館
会場
福岡市科学館 

 810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4-2-1

料金
一般1,200円(1,000円)
高校生大学生1000円(800円)
中学生以下4歳以上500円(300円)
※( )は前売料金及び30名以上の団体料金
※4歳未満は無料
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(以上の手帳所持者本人と介護者1名)、特定医療費(指定難病)受給者証、特定疾患医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者本人は無料
主催
主催:福岡市科学館、テレビ西日本、西日本新聞社
企画制作:フジテレビジョン
企画協力:日本科学未来館
協力:ロシア連邦サハ共和国、サハ共和国科学アカデミー、ロシア北東連邦大学北方応用生態研究所、近畿大学生物理工学部、近畿大学先端技術総合研究所、野尻湖ナウマンゾウ博物館  他
特別協賛:家庭教師のトライ
後援:文部科学省、福岡市教育委員会、福岡県、福岡県教育委員会、福岡県保育協会、 福岡県私立幼稚園振興協会、福岡市私立幼稚園連盟、福岡市保育協会、 福岡県PTA連合会、福岡市PTA協議会、福岡市タクシー協会、西日本鉄道株式会社、 九州旅客鉄道株式会社、日本旅行業協会
Webサイト
https://www.mammothten.jp/fukuoka/
お問い合わせ
福岡市科学館
TEL:092-731-2525 (9:30〜21:30)
休館日 毎週火曜日および年末年始(12月28日~1月1日)
 情報訂正のご連絡