レポート

有田のまちを築くもの 温故知新を体感する(前編)

「佐賀の家庭の食卓って、有田焼が普通に並んでるんでしょ?」 県外出身の人から聞かれることがあります。赤や緑、金で彩られ、あるいは藍色で染付けられた白地の有田焼が並んだ食卓は、見慣れ ......

続きを読む...

有田のまちを築くもの 温故知新を体感する(前編)

report 2020.02.19   アバター  BY  大元茜

アートとどう関わり、何を学んだか?これからどうするか?3年間を総括する!SMAART大発表会

2020年1月26日、2019年度SMAART受講生による1年間の活動報告「SMAART大発表会」が佐賀大学で開催され、アートマネジメントセミナーとアート情報サイトpotari編集 ......

続きを読む...

アートとどう関わり、何を学んだか?これからどうするか?3年間を総括する!SMAART大発表会

report 2020.02.18   アバター  BY  伊藤恵子

1日じゃ足りない!有田の魅力を知る

「有田といえば焼き物!」のイメージで訪れた有田のまち。たくさんの発見と魅力を見つけることができました。 今回は「若者が楽しめる有田」をテーマに様々なお店を取材しました。   ......

続きを読む...

1日じゃ足りない!有田の魅力を知る

report 2020.02.05   アバター  BY  大淵響子

顔の見えない受刑者に感情移入できるか 映画『プリズン・サークル』砂絵アニメーションの力

2020年1月、ドキュメンタリー映画『プリズン・サークル』の公開がはじまった。わたしはこの映画のクラウドファンディングの支援者であり、監督の知人でもある。つまりこの記事は、まったく ......

続きを読む...

顔の見えない受刑者に感情移入できるか 映画『プリズン・サークル』砂絵アニメーションの力

report 2020.02.03   杉本 達應  BY  杉本 達應

クリスチャン・ボルタンスキーの世界をたどる 長崎県美術館で回顧展

「ボルタンスキーの世界へようこそ」と告げているかの様に、彼の顔が映るカーテンの向こうには、暗い部屋の中に鳴り響く心臓の音…。その、彼の心臓音と1つの電球の灯りが、私の心臓までドキド ......

続きを読む...

クリスチャン・ボルタンスキーの世界をたどる 長崎県美術館で回顧展

report 2020.01.31   アバター  BY  江口博子

有田で憧れの深川製磁を訪ねる

我が家ではお正月やお客様のとき、おもてなし用の器が深川製磁だった。母が大切に扱っているのを見ながら、子ども心に特別な物だと憧れを抱いたものだ。大人になり、今から十数年前建材会社の企 ......

続きを読む...

有田で憧れの深川製磁を訪ねる

report 2020.01.27   アバター  BY  中田さとみ

有田明治時代 深川製磁の美意識の中へ

△結構古い、愛用のデミタスカップ。蝶の模様は手描きのようだ。     鹿鳴館、華やかし。文明開化そして、変革の刻。 私が20年近く前、大学の美術史ではあまり明治 ......

続きを読む...

有田明治時代 深川製磁の美意識の中へ

report 2020.01.25   アバター  BY  大場美央

超素人が有田焼の魅力に触れた日

有田焼って何がすごいんだろう。 佐賀県の有田を取材をするにあたって、取材先すべてが有田焼関連の場所でした。 私は有田焼に関しての知識がほぼなく、学校の授業で少し習ったな、くらいの超 ......

続きを読む...

超素人が有田焼の魅力に触れた日

report 2020.01.23   アバター  BY  前田彩花

手仕事の良さを直に確かめてほしい ギャラリー遊の「ハシヅメミツコ 高祖かず子展」

県内外の作家の素敵な手仕事を扱う佐賀市白山のギャラリー遊で、「ハシヅメミツコ 高祖かず子展」が開催中です(2019年12月29日まで)。コンクリート打ち放しの壁を彩る高祖さんのニッ ......

続きを読む...

手仕事の良さを直に確かめてほしい ギャラリー遊の「ハシヅメミツコ 高祖かず子展」

report 2019.12.25   アバター  BY  伊藤恵子

研修記録をZineでまとめてみた 東京のミュージアム見学

私は佐賀大学芸術地域デザイン学部の3年生です。2019年9月15日から5日間、学部のカリキュラムの「国内外研修」で東京に行き、美術館や博物館などを見学しました。研修後、見学場所やそ ......

続きを読む...

研修記録をZineでまとめてみた 東京のミュージアム見学

report 2019.12.24   穴瀬聖  BY  穴瀬聖