学部初の卒業制作! 「私」をテーマにアニメ制作に挑む

  • report
  • アバター
  • BY  三村郁未

    アクセサリーから3Dアニメまで、日々制作奮闘中!

お久しぶりです。佐賀大学芸術地域デザイン学部4年の三村です。本日は、この場をお借りして私たちの卒業制作展示の告知をさせていただきます^^ 芸術地域デザイン学部ができて4年目になる今年度、1期生の私たちは学部初の卒業生になります。

私は、卒業制作として3DCGアニメ「わたしちゃん」を制作します。4年間、映像やアニメーションを学び、キャラクターのビジュアルで可愛いがられるものを作り、キャラクターの動きや演技させることの面白さをもっと追究したいため、アニメ制作をすることに決めました。

それから、せっかく芸術と名のつく学部を卒業するのならば、自画像を制作してみたいと、私自身をキャラクター化することになりました。

3DCGアニメとは、「トイ・ストーリー」や「ミニオンズ」のようなCGで作った映像作品のことです。私自身の大学生活をもとにしたストーリーで、かわいくてゆるいキャラクターたちを見せます。

今完成しているのは、キャラクターのデザインと、シーンの構想のみですが、動きをつけたり、背景を完成させたり、「わたしちゃん」を生き生きと見せられるよう日々制作中です。

わたしちゃんキャラクタービジュアル

シーンの構成は、イメージ図にあるように展示会の時に短時間でも楽しんでもらえるように、短いお話の3本立てでひとつの作品になる計画で進めています。

わたしちゃん場面イメージ図

この卒業制作展示では、他にも文字デザイン、プロジェクションマッピング、写真、ゲームの企画など多くの分野にまたがって作品の展示が計画されています。大学4年間での様々な場面で使われる映像やデザインに携わった経験を生かして、制作者と観覧者のどちらもが楽しめる展示会を目指していきたいです。